ウォーキングでダイエット

ダイエットの一つの方法として、運動によって消費カロリーを増やして減量する方法がありますが、ただやみくもに運動するのでは得られるダイエットの効果は少なくなってしまいます。
同じ方法で運動を行うのであれば、ダイエットにより効果的な方法で行うことによって得られる成果が大きいほうが嬉しいですよね。
ダイエットにおける運動としては健康とダイエットを兼ねたウォーキングを毎日の日課としている人が多いと思いますが、どのように行えばより効果的な結果を得られるのかというところ調べてみました。
運動には有酸素運動と無酸素運動の2種類があります。
有酸素運動は脂肪を燃焼させる運動といわれていますが、そもそも脂肪を燃焼させるには酸素が必要になってくるため、運動を行っていても適度な酸素を取り込むことによって血中の酸素濃度を保つことができ、脂肪と酸素が結合することにより活発に脂肪が燃焼されるということなのです。
つまり、ウォーキングがなぜダイエットになるのかというと、ウォーキングなど適度に呼吸ができるくらいの軽めの運動を行うことで、酸素を取り込みながら直に脂肪を燃焼させることができるからです。
一方、無酸素運動は激しい運動により酸欠状態になるために直接的な脂肪の燃焼効果は期待できません。
しかしながら筋肉を鍛えることにより基礎代謝力をアップさせることができ、間接的なダイエット効果があります。
ただ、歩くだけのウォーキングはその手軽さから継続して行える運動なだけに、日常の生活習慣の中に簡単に取り入れられる運動であるというところが最大の魅力ではないでしょうか?
買い物ついでに、通勤通学、犬の散歩に、子供の送迎になどなど何かのついでに行える手軽な運動であるため継続したダイエット効果を得られるというわけです。
効果的なやり方は、朝食前。体にたまってしまった脂肪を真っ先に燃焼させるには朝食前の運動が効果的です。
また、夜は夜の効果があります。夜、食後の運動は余分なエネルギーを燃焼させるので、寝ている間に脂肪が付きにくい!という効果があります。
だからと言って、意識せずにだらだら歩いただけでは効果はいまひとつ・・・
ポイントは、「大股でさらに早足で歩くこと」です。
足のふくらはぎの筋肉をしっかりと伸縮させることで大幅に血行を促進することができさらには代謝力もアップします。
血行が良くなることで体にたまった老廃物を排出することができ、結果的に浮腫みの改善、冷え性や便秘の改善も期待できます。
さらに、毎日続けることによって基礎体温を保つ効果が得られ、基礎代謝力をアップすることができます!

図入りで正しいウォーキング方法が載っているサイトはたくさんあるけど、私的には
CLUB Panasonicのウォーキング法のページがオススメ!
ウォーキングのフォームから体質別のウォーキング方法まで幅広く載っているので、
このサイト1つでウォーキングがまるっとわかると言っても嘘ではないと思います!

ページのトップへ▲